効率を追い求めた効率美

【 Contribution time :2014-08-07 10:14:19

さまざまな機械に触れることを趣味としています。特に好きなのは、自動車を扱う作業です。自動車は、ただ乗り回しているだけでは面白くありません。内装に手を加えて、自分なりに工夫をしていくことこそが楽しいのです。もちろん、複雑な知識が必要となるものなので、入念に勉強していくことが求められます。しかし、その勉強も含めて趣味なのです。

機械を適切に取り扱うことは、簡単にできることではありません。安易な趣味として行っていくと、安全性に欠けるものが出来上がってしまいます。しっかりとスキルを磨くことが求められています。機械の作業で重要なことは、機能性だけではありません。効率美にも着目していかなければならないのです。

機能性と効率美とのバランスを取りながら、適切な作業をしていくことが、趣味として機械に携わる人間には欠かすことのできないことです。自動車は、適切な作業をしなければ危険を伴うものなので、真剣な作業が必要です。

RECOMMEND